歯科医師の収入はどれくらい?

歯科医師は儲かる、そんな意識は一般の人の方が持っているのかもしれません。
現実にはどうなのでしょうか。
免許を既に取得している人は概ね把握していることかもしれませんが、これからこの道を目指す人は大体の目安として、どの程度の収入があるのかくらいは知っておきたいところでしょう。

勤務医として歯科系クリニックで働く人の年収は、大体700万円から800万円程度だと言われています。
この年収に到達するのは30代の後半から40代とされており、40代後半になれば年収1000万円を超えてくる医師も多くいますが、そこからは伸び悩む傾向が見られます。

平均年収で2000万円はもちろん、1500万円を超える年代もありません。
あくまでも年代別での年収を見たときですが、これがこの業界で働く医師たちの現実。
多くの人が想像しているほどの収入にはならないと考えておくべきでしょう。

開業医は勤務医よりも収入が多いが一概には言えない

開業医となり自ら歯科系クリニックを構えた場合には、少し事情が異なります。
平均年収は1200万円ほど。勤務医として働くよりもやはり高い相場となっている現状があります。
ただ、これも平均の額なので、開業すれば誰でも1000万円を超える年収を手に入れられるというわけではありません。

場所や能力によっては勤務医の平均の額よりも少ない収入しか得られない開業医師もおり、逆に2000万円を優に超える年収を叩き出す歯科医師もいるのです。
ただ、これは勤務医にも同じことが言えるでしょう。
まだ経験が浅い人であればサラリーマンと同等か、それ以下の収入しか得られないケースもあります。

また、どこかの歯科系クリニックに雇われている身であっても、2000万円を超える年収を手に入れている人もいるのです。
そうした額を提示している求人もしばしば見つけることができます。

歯科医師の年収は年によって変動が非常に激しい

歯科医師の年収はアップダウンが非常に激しいことも頭に入れておいてください。
平均年収で500万円台しかない年もありますし、600万円台が続いた年もありました。
それを均していくと700万円から800万円程度に落ち着くのですが、年によってかなり違いがあることは知っておきましょう。

言い換えると、安定していないとも言えます。
また、格差が非常に大きい職業であるとも言えるでしょう。
この点は、通常の医師とは異なる部分。
診療科目がいくつも存在する医師とは違い、非常に分野が限られているため患者数も限定され、それによって格差が開いてしまうと考えられます。

また、今後はこれが少しずつ下がっていく傾向になるのではないかと予想する人もいるため、そのあたりも頭に入れながらキャリアプランを立てることが求められるでしょう。